第四回 洋上風力発電の社会的合意形成ワークショップ(資料公開中)


◆趣旨:カーボンニュートラル実現のための、再生可能エネルギーの主力電源化の中核的役割として洋上風力発電が期待されているが、そのためには、立地地域の理解と地域の発展に風力発電が果たす役割の明確化を踏まえた社会的合意形成が不可欠である。  他方、地域の社会的合意形成にとって、地元調整の枠組みの制度化や地域や漁業との共生策の議論の前提となるデータや先行事例が不足しているなどの課題が指摘されている。今回のワークショップでは、洋上風力発電の立地プロセスにおいて、重要な課題である漁業協調について望ましい在り方を議論する。日本やドイツにおける漁業協調の事例の講演に続き、参加者による議論を通じて、今後の課題と展望を明らかにする。 ◆プログラム 日時:6月21日(火)18:00~20:00 方法:リモート(zoom)、一般公開 1.開会 2.ごあいさつ:風力発電の推進のための漁業協調について     3.講演1:「漁業と洋上風力発電の協調についての取り組み」  桐原慎二(弘前大学地域戦略研究所、海洋エネルギー利活用研究室 教授)

講演資料はこちら


桐原先生講演資料0621
.pdf
Download PDF • 53.68MB


  4.講演2:漁業者とのGISを用いたco-location Dr. Stelzenmueller Vanessa (Thuenen-Institute of Sea Fisheries 海洋空間マネジメント領域研究ユニットリーダー)   ※日英の同時通訳を行います。    講演資料はこちら


Dr.Stelzenmueller_講演資料
.pdf
Download PDF • 5.81MB

5.質疑応答・意見交換     主催:洋上風力発電の地域における社会的合意形成研究フォーラム     https://www.yojyowindpower.com/ 申込締切:6月14日(火)


参加申し込みフォームは以下になります。

第四回 洋上風力発電の社会的合意形成ワークショップ 参加申し込みフォーム